「サッカーはそんな簡単じゃない」今野泰幸が振り返ったE-1選手権の難しさ

日本代表MF今野泰幸は朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)戦を振り返り、「反省のほうが思い出しますね」と改善点を語っている。

EAFF E-1 サッカー選手権初戦が9日に行われ、日本代表と北朝鮮代表が対戦。試合は1-0で日本が勝利した。今野は勝ったところはよかったと評価しつつ、攻守ともに反省すべき部分は多いと話す。

「攻撃でなかなかスピードアップできなかったし、守備でも結構簡単にね、やられてしまいました。(攻撃面で)ちょっとみんながポジションがポジションにいすぎたかなと。そういうのがあるかもしれないですね。考えてみればね。みんなあんまりポジションを崩さなかったし。だから相手の陣形も崩れない。そういう工夫がちょっと足りなかったのかもしれないですね」

初招集の選手が多い状況や日の丸を背負う思い、連携の未熟さなどが、試合の膠着につながり、今野は「サッカーはそんな簡単じゃないっすよ」とこぼす。

「いろんなことがあると思いますけどね、いろんな状況。やっぱり代表戦っていうのは重みがある試合だし、負けられないって気持ちもあるし、だからちょっと守りに入ってしまうっていうのもあります。みんな技術ある選手だから、ボール失いたくないって気持ちもあるから安全に行ってしまったりとか。いろんなことが重なって、見ている人からしたら消極的なパスが多かったなって思われてもしょうがないってこともあるかもしれないし」

2戦目に向けて「変わりたいですよ」と強調する今野だが、「相手のあるスポーツなんで」とそう簡単にことが運ばないとも話す。それでも「悪い試合の次にいい試合ができるっていうのがいい選手」と語り、日本代表に招集される国内屈指の“いい選手”としてのプライドを持って中国戦に臨む。