日本代表ハリル監督、マリ戦に憮然「W杯セネガル戦への準備できていない」

日本代表は23日、マリ代表と親善試合を行い、1−1で引き分けた。

ロシア・ワールドカップのグループリーグで戦うセネガルを想定して臨んだマリ戦。日本は前半終了間際にPKから一点を失う苦しい展開を強いられた。後半終了間際に中島翔哉が同点ゴールをゲットして引き分けに持ち込んだが、マリの個人技に圧倒される場面も目立ち、課題の残る試合となった。

試合後のフラッシュインタビューに登場したヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、以下のように語った。

「厳しい結果ですよね。色んな情報が得られましたけど、すべてがポジティブなわけではありません。まだまだトレーニングしなければいけないことがある」

「セネガルに対して、まだ準備ができていないということですね」

なお、日本代表は27日にウクライナ代表との試合を控えている。