負傷した香川真司、逆境を乗り越えて、W杯への出場できるだろうか?

ドルトムントの日本代表MF香川真司は足首の負傷により3カ月もピッチから離れ、2018年ロシア・ワールドカップ(W杯)への出場が危ぶまれている。
香川は先発した2月10日のハンブルガーSV(2-0)戦の途中に味方へパスを出し、左足を地面についた際に負傷して途中交代を強いられた。当初は数週間の離脱とも報じられていたらが、そこから約2カ月半以上にわたって戦線離脱。4月29日の第32節ブレーメン戦(1-1)でベンチ入りを果たしたが出番はなく、実戦から3カ月以上離れている。

日本代表招集からも遠ざかり、ロシアW杯出場に向けて厳しい状況に置かれている香川。
 日本代表の西野朗監督が欧州視察を行い、香川のコンディションについて「W杯へ気持ちの強さは感じるが、ギャップがある」と語ったことなども紹介されている。
「負傷するまでは素晴らしかった」とクオリティーの高さを評価

今季は15試合で5得点3アシスト(内1はPK奪取)を記録した香川。「負傷するまでは日本人記録(ブンデスリーガ最多得点・41点)を更新し、素晴らしかった」とクオリティーの高さを評価されている。CL出場権が懸かった最終節で出場機会は訪れるのか。そして逆境を乗り越えて、W杯行きのチケットを手にすることができるだろうか。

さて、いよいよ世界中が熱狂するビッグコンペティションが間もなく幕を開けようとしている。
騎士サッカーではワールドカップ本大会、各試合の情報はもちろん、日本代表や注目国の本大会前のテストマッチのオッズ、見どころをまとめた記事を随時更新予定!

2018ワールドカップ新しいユニフォームは今騎士サッカーで激安販売中!!!

お求める方はこちらをクリックしてください!